読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

今日もなにげなーく弾力のある素肌になるケアを綴ってみました

顔に化粧水をつける時に「手でつける」グループと「コットンでつける」方がいいというグループに分かれるのはよく聞く話ですが、実際にはメーカー側がもっとも好ましいと推奨するふさわしい方法で継続して使用することを強くお勧めします。

加齢が原因の体内のヒアルロン酸保有量の低下は、肌の若々しさを著しく損なう以外に、肌のハリも奪い肌がカサカサになる乾燥肌やシミ、しわができる最大の要因 になってしまう恐れがあります。

化粧水を吸収させる際に、目安として100回手で叩くようにパッティングするという話を聞いたことがあるかもしれませんが、この方法はやめるべきです。特に肌が敏感な方は毛細血管にダメージを与えて頬が赤くなる「赤ら顔」の原因になってしまいます。

有名な美容成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに作り出される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水分を保持し、細胞の一つ一つを接着剤のような役割をして接着させる作用を有する成分です。

ヒアルロン酸の水分を保持する力の件についても、セラミドが角質層において首尾よく皮膚を保護する防壁機能をサポートしてくれれば、肌の保水機能が向上して、より一層潤いのある瑞々しい肌を保ち続けることが可能です。

コラーゲンをたっぷり含んだタンパク質系の食品や食材を日常の食事で意識して摂取し、その働きによって、細胞同士がより一層固くつながって、水分を閉じ込めることができたら、ふっくらとしたハリのある美的肌と称される肌を入手できるはずです。

保湿の重要ポイントは角質層の潤いなのです。保湿成分がふんだんに使われている化粧水で角質層を水分で満たし、補った水分量が逃げていかないように、乳液やクリームなどをつけることによって油分のふたをして水分を閉じ込めるといいでしょう。

強い日光にさらされた後に最初にやるべきことがあります。何と言っても、丁寧に保湿すること。これがとても大切です。本当は、日焼けしてしまったすぐあとというだけではなくて、保湿は日課として毎日行った方がいいでしょう。

食品から摂取され体の中に入ったセラミドは一度は分解されて違う成分に変異しますが、その成分が皮膚の表皮まで届くとセラミドの産生が促進され、角質層内のセラミドの含量が増大していくとされています。

美白用化粧品は乾燥しやすいとよく言われますが、最近は、保湿を意識した美白スキンケアも売り出されているので、乾燥を心配している人は先ずは試しに使ってみる値打ちがあるのではと感じます。