読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

今日もなんとなくみずみずしい素肌を保つケアの事を綴ってみました。

コラーゲンというものは実はタンパク質の一種で、多数のアミノ酸が化合して作られている物質のことです。人の体内の全てのタンパク質の約30%超がこのコラーゲンというものによって作り上げられているのです。

「美容液は割高だからそれほど多く塗りたくない」という声も聞きますが、重要な役割を持つ美容液をもったいながって使うくらいなら、化粧品そのものを購入しないことを選んだ方が良いかもしれないとさえ感じるくらいです。

最近耳にする美容成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で生み出される“細胞間脂質”のことで、3%程度の水を保有し、細胞をまるで接着剤のように接着する重要な働きをすることが知られています。

肌が持つ防護機能で水分が失われないようにしようと肌は常に頑張っているのですが、その働きは老化によって下降するので、スキンケアを利用した保湿により足りなくなった分を与えてあげることが重要です。

ヒアルロン酸は乳幼児の頃が一番多く、30代を過ぎるころから急激に減り幅が大きくなり、40歳代になると赤ちゃんの頃と比較すると、およそ50%まで減少が進み、60代以降にはかなりの量が失われてしまいます。

セラミドは皮膚の角質層において、細胞間にできた隙間でスポンジのごとく水分や油を抱き込んで存在する物質です。肌だけでなく毛髪の瑞々しさを保つために必要不可欠な役割を果たしています。

美白スキンケアの際に、保湿を忘れずに行うことが不可欠だという話にはちゃんとした理由が存在します。それはわかりやすくいうと、「乾燥したことで無意識のうちにダメージを被った肌は、紫外線からくる刺激に敏感な状態になっている」からということに尽きます。

化粧水の使い方の一つとして、100回前後手で優しくパッティングするという指導を耳にしたことがあるかもしれませんが、こういうことは実行するべきではありません。敏感肌の場合毛細血管が切れて困った症状「赤ら顔」の引き金となる可能性があります。

うっかり日焼けした後に最初にすること。それこそが、しっかり保湿することです。この保湿が何をおいても大事なことなのです。加えていうと、日焼けのすぐあとというのではなく、保湿は習慣として実践する必要があるのです。

セラミドを食品・食材や美容向け健康食品などの内部からと、化粧水などの外部から体内に取り入れるということにより、とても能率的に望んでいる肌へ誘導することが実現できるアナウンスされています。