読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

本日も突然ですが美肌になるケアの事を調べてみました。

美容液をつけたからといって、誰もが確実に色白の肌になれるとは言い切れません通常の着実な紫外線への対策も大切になってきます。可能な限り日焼けを避ける手立てを先に考えておくことをお勧めします。

皮膚組織の水分以外の約70%がコラーゲンから成り立ち、細胞間にできた隙間をセメントのように埋めて繊維状もしくは膜状に存在しているのです。肌のハリを保持し、シワやたるみのない若々しい肌を支える真皮層を構成する最重要な成分です。

油分を含む乳液やクリームを塗らずに化粧水だけを使う方も見受けられますが、このケアは正直申し上げて決定的な間違いです。保湿をちゃんと行わないがために反対に皮脂の分泌が多くなったりニキビや吹き出物ができてしまったりするわけです。

これだけは気をつけていただきたいのが「たくさんの汗が吹き出したままの状態で、構わず化粧水を顔に塗ってしまわない」ことなのです。汗の成分と化粧水が混ざり合うと肌に予想外のダメージを与えてしまう恐れがあります。

よく聞くプラセンタという言葉は英語でPlacentaと綴り胎盤を指しています。基礎化粧品や健康食品で近頃よく厳選したプラセンタ含有など見ることがありますが、このプラセンタとは胎盤という臓器そのもののことを指すわけではありませんので不安に思う必要はありません。

コラーゲンという成分はタンパク質の一種とされ、グリシンプロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が繊維状にくっついて形成されているものを指します。体の中の全てのタンパク質の約30%超がこのコラーゲンで形成されているのです。

プラセンタという言葉は英語で哺乳類が持つ胎盤を指しています。美肌化粧品や美容サプリメントで頻繁にプラセンタ入りなど見かけたりしますが、これ自体器官としての胎盤のことを表すわけではないので怖いものではありません。

保湿の秘策と言えるのは角質層の水分量です。保湿成分がふんだんに配合されている化粧水で角質層を隅々までうるおし、追加した水分量が蒸発しないように、乳液とかクリームをつけて脂分によるふたをします。

注意しなければならないのは「面倒だからと汗がふき出したまま、無頓着に化粧水を顔に塗ってしまわない」ようにすること。ベタベタした汗と化粧水が混ざり合うと知らないうちに肌に影響を与えかねないのです。

潤いを保つための重要アイテムである化粧水を肌に使用する際には、まず程よい量をこぼれないように手のひらのくぼみに乗せ、温めていくような感じで掌に伸ばし、顔全体を覆うようにしてそっと馴染ませていきます。