読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

今日も取りとめもなく弾力のある素肌を作るケアの事を調べてみる

体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が一番多く、30代以降は一気に減り幅が大きくなり、40歳を過ぎると乳児の時と対比してみると、50%以下にまでなってしまい、60代を過ぎる頃にはかなりの量が失われてしまいます。

乳液やクリームを使わずに化粧水だけ塗る方もいらっしゃると想定されますが、このケアは致命的な誤りなのです。保湿をちゃんと行わない事で皮脂の分泌が増えてしまったりニキビができやすくなったりするというわけです。

皮脂が過剰に分泌される脂性肌の人、常に水分が足りない乾燥肌の人、そしてどちらも併せ持っている混合肌の人もたくさんいます。それぞれのタイプに合った保湿化粧品が販売されているので、あなた自身の肌にきちんと適合しているものを探し出すことが絶対条件です。

肌のべたつきが気になる脂性肌の人、痒みを伴うこともある乾燥肌の人、更に両方を併せ持つ混合肌の人もたくさんいます。それぞれに対して専用の保湿化粧品が市販されているので、あなたの肌の状況にきちんと適合しているものを探すことが一番大切です。

用心していただきたいのは「汗が顔に吹き出たままの状態で、特に何もしないまま化粧水をつけてしまわない」ということなのです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水がブレンドされてしまうと肌にちょっとした損傷を与えるかもしれません。

乳液やクリームを使用せず化粧水だけを使用する方もみられますが、それは現実的には決定的な勘違いです。保湿をしっかり行わないがために反対に皮脂が多く出たりニキビが発生したりする結果を招きます。

コラーゲンという成分は柔軟性を有する繊維状組織であって一つ一つの細胞をつなぎとめる役割を持ち、優れた保水力を持つヒアルロン酸は繊維状のコラーゲンの隙間を埋める形で、水分の欠乏を阻止する機能を果たします。

セラミドを食品・食材や健康補助食品・サプリなどの内部からと、化粧水や美容液などの外部から体内に入れることを続けることで、非常に効果的に若く理想的な肌へと向けることが叶うのではないかと考えられるのです。

老化が原因となるヒアルロン酸量の低下は、水分をたっぷり含んだ肌の瑞々しさを大きく悪化させる他に、皮膚のハリも奪って辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわが現れる一番の原因 になってしまうのです。

お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンによって形成され、皮膚組織の骨組みの隙間を満たす形で繊維状になって存在しているのです。肌にハリを与え、シワのない若く美しい肌をしっかり維持する真皮を組成するメインとなる成分です。