読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

くだらないですが、年齢に負けない素肌になるケアの情報を綴ってみました。

20歳過ぎの人たち特有の肌の悩みが起きる要因の多くはコラーゲンの不足によるといわれています。皮膚のコラーゲン量は年をとれば減少し、40歳代では20歳代の時と対比させると50%程度しかコラーゲンを生成できなくなってしまいます。

保湿成分であるヒアルロン酸が真皮内で水分をふんだんに保っているおかげで、外側の環境がたくさんの変化や緊張感で酷い乾燥状態になることがあっても、肌は直接影響を受けることなく滑らかな手触りのコンディションでいることができるのです

化粧水をつける際「手でなじませる」派と「コットンの方がいい」派に分かれるところですが、結論的にはそれぞれのメーカーやブランドが積極的に推奨している間違いのない方法で継続して使用することを一番に奨励します。

ほとんどの女性がスキンケアのためにほぼ毎日使う“化粧水”。それだけに化粧水の品質には注意すべきなのですが、特に暑い時期に目立って気になる“毛穴”のケアにも品質の良い化粧水は最適なのです。

プラセンタの原材料には用いられる動物の種類とそれ以外に、国産とそうでないものがあります。シビアな衛生管理状況下でプラセンタを生産していますので信頼性を望むのなら推奨したいのは日本産です

「無添加の化粧水を使うようにしているから大丈夫なはず」などと油断している方、その無添加化粧水は本物の無添加ですか?知らない人も多いと思うのですが、添加物を1種類無添加としただけでも「無添加」を訴求して特に支障はないのです。

「美容液は贅沢品だからそれほど多く塗らない」と言う方もいるのですが、肌のために作られた美容液をケチって使うなら、化粧品自体を購入しない生き方にした方が良いかもしれないとすら思えてきます。

女性は普段お手入れの基本である化粧水をどのような方法で使うことが多いのでしょうか?「手で肌につける」と発言した方がダントツで多数派という調査結果が得られ、コットンを使う方は少ないことがわかりました。

保水力を持つヒアルロン酸が皮膚の真皮内で十分な水分を保持してくれるため、周りの世界が種々の変化や緊張感で極度の乾燥状態になったとしても、肌は直接ダメージを受けずにツルツルを維持したままの綺麗な状態でいることができるのです。

最近耳にする美容成分セラミドは、ターンオーバーが行われる中で作られる“細胞間脂質”を指し、およそ3%の水を抱き込み、細胞の一つ一つを接着剤のような役割をしてくっつける機能を行っています。