読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

本日もなんとなーくつやつや素肌を保つ方法についての考えを書いてみる

色んなブランドの新商品が一組になったトライアルセットも売られていて大人気です。メーカー側がかなり宣伝に力を入れている新しく出した化粧品を手に取りやすいように一通りパッケージに組んでいるものです。

化粧品の中でも美容液と聞くと、割と高価でなぜかハイグレードなイメージがあります。年代が上がるにつれて美容液への好奇心は高まりはするものの、「贅沢品」であるとか「まだ早い」などと買うことをためらっている女性は少なくないようです。

皮膚の一番外側にある表皮には、硬くて丈夫なタンパク質からできた角質層と呼ばれる部分が存在しています。この角質層部分の細胞同士の間を埋めるように存在するのが「セラミド」といわれている脂質の一種です。

油分を含む乳液やクリームを使わずに化粧水オンリーを使っている方も見受けられますが、このやり方はストレートに言えば大きく間違っています。保湿をきっちりとしないためにむしろ皮脂が多く出たりニキビや吹き出物ができたりということになるわけです。

ヒアルロン酸の量は乳幼児の時が一番多く、30代から急激に低減し始め、40代を過ぎる頃には赤ちゃんの時期と比較すると、50%ほどに激減し、60代ではかなりの量が失われてしまいます。

水分をカウントしない人間の身体の約50%はタンパク質によって占められていて、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの持つ大切な働きとして知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを産生する構成部材となっているということです。

初めて使うことになる化粧品はあなた自身の肌質に合うか心配になりますね。そんな場合にトライアルセットを利用するのは、肌質にぴったり合ったスキンケア製品を探究するツールとして最適なものだと思います。

ことのほか乾燥してカサついた肌のコンディションで困っている方は、身体が必要とするコラーゲンが十分にあれば、水分がきちんと確保されますから、ドライ肌への対策にだって間違いなくなるのです。

体内のあらゆる組織において、次から次へと生体内酵素によるコラーゲンの分解と必要に応じた合成が繰り返され代謝を行っています。老化すると、このうまくとれていたバランスが失われてしまい、分解率の方がだんだん多くなってきます。

20歳過ぎてからの肌トラブルの要因のほとんどがコラーゲンが足りないことによると考えられます。肌を支えるコラーゲンの量は年ごとに減り、40歳代を過ぎると20歳代の時期の約50%くらいしかコラーゲンを作ることができなくなってしまうのです。