読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

突然ですがみずみずしい素肌になるケアの情報を書いてみる。

よく聞くコラーゲンという物質は、美しさや健康をキープするために必須となる栄養成分です。健康なからだを維持するために大変重要なコラーゲンは、体内の新陳代謝が悪くなると食事などで補充してあげなければいけません。

化粧水というものにとって大切な役目は、単純に水分を浸みこませることと思う人も多いですが、それ以上に、肌が持つ生まれつきの凄い力が完璧に働いてくれるように、肌の表層の環境をチューンアップすることです。

プラセンタの原材料には動物の種類のみならず、日本産と外国産が存在します。シビアな衛生管理状況で丁寧にプラセンタが作られていますので安心感を第一に考えるなら推奨したいのは日本産のものです。

水以外の人体のほぼ5割はタンパク質で形成され、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの大切な機能として知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓など全身のあらゆる組織を形成する原材料になる点です。

古くは屈指の類まれな美しい女性として現在までも語り伝えられる女性達がプラセンタを美貌を維持することと若さを保つことを目論んで愛用していたといわれ、はるか昔からプラセンタの美容に関する効果が経験的に知られていたことがうかがい知れます。

コラーゲンが不足状態になると肌表面は肌荒れが誘発されたり、血管内において細胞が剥離することになり血が出てしまう事例も多々見られます。健康を維持するためになくてはならない物質なのです。

乳児の肌が潤いに満ちてつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸をたっぷりと有しているからです。水分を保持する力が非常に高い物質であるヒアルロン酸は、潤いのある肌をきちんと保つ化粧水のような基礎化粧品に添加されています。

ヒアルロン酸は赤ん坊の時に最大で、30代から急速に減少速度が加速し始め、40代の頃には乳児の頃と対比してみると、約50%にまで減少が進み、60代以降にはかなりの量が失われてしまいます。

お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンから成り立ち、皮膚組織の骨組みの隙間を満たすように繊維状に密に存在しているのです。肌のハリを保持し、シワのない若く美しい肌をしっかり維持する真皮部分を構成するメインとなる成分です。

保湿を主体とした手入れを行うのと並行して美白目的のスキンケアもしてみると、乾燥したことによって生じる多くの肌トラブルの負のスパイラルを断ち切り、理想的な形で美白のためのスキンケアを目指せると考えられるのです。