読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

得した気分になる?ハリのある素肌になるケアの要点をまとめてみる。

健康で美しく輝く肌をキープしたいなら、多種多様のビタミンを取り入れることが要されますが、それに加えて皮膚組織同士をつなぐ必要不可欠な役割を持つコラーゲン生成のためにも欠かすことのできないものです。

セラミドが入ったサプリメントや健康食品・食材を毎日続けて体内摂取することにより、肌の水分を抱き込む作用がより一層パワーアップすることになり、細胞の間に存在するコラーゲンを安定な状態に導くことだって可能になるのです。

「無添加と言われる化粧水を確認して使っているので大丈夫なはず」などと油断している方、その化粧水は間違いなく無添加かどうか確認しましたか?実を言うと、有害性があるとされる100種類以上の成分の中の1つを除いただけでも「無添加」を訴求して特に問題はないのです。

乳液とかクリームなどをつけずに化粧水だけを使う方もいらっしゃると想定されますが、このようなケアは現実問題として致命的な誤りなのです。保湿をしっかりやらないために皮脂が多く分泌されることになったりニキビ肌になってしまったりする結果を招きます。

保湿の重要ポイントは角質層の水分量に他なりません。保湿作用のある成分が贅沢に添加された化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補給した水分量が失われないように、乳液やクリームなどを使って最後にふたをして水分を閉じ込めましょう。

タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は伸縮性の高い繊維性タンパク質の一種で一つ一つの細胞をつなぐことをする機能を果たし、水分保有力の高いヒアルロン酸は繊維で構成されたコラーゲンの隙間を埋める形で、水が逃げてしまうことを食い止める働きをします。

はるか古の類まれな美しい女性として誉れ高い女性達が哺乳類の胎盤であるプラセンタを美容と若さの維持を目指して使用していたとの記録があり、相当古くからプラセンタが美容に大変有益であることが知られていたということが推定されます。

話題の美容成分セラミドにはメラニンの生成を防ぎ、紫外線によるシミやそばかすを防御する優れた美白効果と皮膚を保湿することで、ドライスキンや小じわ、肌の荒れなどの憂鬱な肌の悩みを解消する美肌作用があります。

「美容液は割高だからたっぷりとは塗らない」という方もいるようですが、栄養剤である美容液をケチるのなら、当初より化粧品を買わない主義になった方がベターなのではないかとさえ思うほどです。

新生児の肌が水分たっぷりで健康な張りがあるのはヒアルロン酸をふんだんに皮膚に保有しているからです。水分を保つ力が高いヒアルロン酸は、肌の潤い感を保つ働きをする化粧水などに優れた保湿成分として配合されています。