読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

知っとく!ツルツル素肌を保つ対策を綴ってみました

アトピー性皮膚炎で乾燥しがちな肌の治療に使うことのある保湿効果のある成分セラミド。このセラミドを配合して作られた低刺激性の化粧水は高い保湿効果があり、ダメージを与える因子から肌をきちんと守る効果を強いものにしてくれます。

顔に化粧水をつける際に、100回程度手で入念にパッティングするという話を聞いたことがあるかもしれませんが、この塗り方はやめるべきです。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管を痛め毛細血管拡張症(赤ら顔)の要因になる可能性があります。

流行のプラセンタは化粧品やサプリなどに有用に利用されているのは相当認知されていることで、元気な細胞を新たに作り、新陳代謝を亢進させる作用のお蔭で、美容および健康に多彩な効果をいかんなく発揮します。

美容液という名のアイテムは肌の深奥まで入り込んで、肌を根源的なところから元気にしてくれる栄養剤的な存在です。美容液の一番の働きは、通常の化粧品では到達しない肌の奥の「真皮」まで栄養素を送り込んであげることになります。

コラーゲンの効用で、肌にハリや弾力が再び戻り、老けた印象を与えるシワやタルミを健康に解消することが可能になるわけですし、それだけでなく更にダメージを受けて水分不足になった肌への対処としても適しているのです。

成人の肌の不調が起きる要因の多くはコラーゲンが十分に足りていないことであると考えられています。皮膚組織のコラーゲン量は年を追うごとに低下し、40歳代の時点で20代の5割程しかコラーゲンを作り出すことができないのです。

よく聞くプラセンタという言葉は英語で哺乳類が持つ胎盤を示しています。化粧品や美容サプリなどで近頃ひんぱんに話題のプラセンタ含有目にすることがありますが、これについては胎盤という臓器そのもののことを表すのではないので心配する必要はありません。

「美容液」と簡単にいっても、多彩なものが存在していて、一言で定義づけをするのはちょっと困難ですが、「化粧水というアイテムと比較するとより多く薬効のある成分がブレンドされている」とのニュアンス にかなり近いかもしれません。

女の人は普通スキンケアの基本である化粧水をどういう具合に使用する場合が多いのでしょうか?「直接手でつける」という内容の返事をした方が圧倒的に多いという結果になり、コットンを用いる方は思いの外少数派でした。

肌のアンチエイジング対策としてはとりあえず保湿と柔らかな潤い感を再度取り戻すということが最も重要なのです。お肌に大量の水分をキープすることによって、肌に備わっている防護機能が正しく作用してくれるのです。