読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

本日も、ツルツル美肌になる対策の情報を調べてみる

体内のあらゆる部位で、絶え間なく消化酵素によるコラーゲンの分解と必要に応じた新たな合成が行われ新しいものにチェンジされています。老化すると、ここで保たれていたバランスが衰え、分解率の方が増えてきます。

水以外の人間の身体のおよそ50%はタンパク質によって占められていて、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンの持つ大切な役目として知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを構築する構成部材となって利用されるという点です。

化粧水を吸収させる際に、目安として100回手で叩くようにパッティングするという話を聞いたことがあるかもしれませんが、この方法はやめるべきです。特に肌が敏感な方は毛細血管にダメージを与えて頬が赤くなる「赤ら顔」の原因になってしまいます。

流通しているプラセンタには使用される動物の違いだけでなく、日本産とそうでないものがあります。厳しい衛生管理下でプラセンタを生産していますので安全性にこだわるならば推奨したいのは当然国産で産地の確認ができるものです。

皮膚表面にある表皮には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質からできた角質層と呼ばれる一種の膜で覆われた層があります。この角質層内の細胞間を埋めているのが「セラミド」と呼ばれている生体内脂質の一種です。

かなりカサついた皮膚の健康状態で悩まされている場合は、身体全体にコラーゲンがきっちりと補給されていれば、必要とされる水分がキープできますから、乾燥肌への対応策としても適しているのです。

肌が持つ防御機能によって潤いを蓄えておこうと肌は頑張り続けているのですが、その有益な作用は老化によって低下してくるので、スキンケアを意識した保湿により要る分を与えてあげることが重要です。

化粧水を使用する際「手で塗布する」派と「コットンを使う」派に好みで分かれるようですが、結論としては各化粧品メーカーが一番推奨しているふさわしいやり方で使用してみることをまずは奨励します。

アトピー性皮膚炎でダメージを負った肌の治療に使われることも多い天然の保湿成分セラミド。このセラミドが添加された低刺激性の化粧水は肌を保湿する効果が高く、肌荒れの元となる要因から肌をしっかりと守る機能を強いものにしてくれます。

動物の胎盤から抽出されるプラセンタは基礎化粧品や健康食品・サプリメントに入れられている事実は広く知られていることで、細胞を新しく作り、新陳代謝を良くする効果のお蔭で、美容と健康に驚くべき効能を発揮しています。