読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

とりあえず美しさを保つケアの情報を綴ってみました。

普通市場に出ている美肌効果のある化粧品や健康食品・サプリメントのプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが主に使われています。安全性が確保できるという面から評価しても、馬や豚の胎盤から抽出したものが明らかに一番安心感があります。

プラセンタという単語は英語でPlacentaと表記し胎盤を意味しています。化粧品や健康補助食品などで近頃よくプラセンタを贅沢に含有など見る機会がありますが、これについては胎盤という臓器そのもののことを指すわけではないので怖いものではありません。

天然の美容成分であるヒアルロン酸は人体の細胞と細胞の間のあらゆる箇所に多く分布していて、美しく健康的な肌のため、保水する作用の保持であるとかクッションのように衝撃を吸収する役割を担い、全身の細胞をしっかり守っています。

皮膚の表面にある表皮には、硬いタンパク質より構成された角質層と呼ばれる部分が覆うような形で存在しています。この角質層の中の角質細胞の間を埋めるように存在しているのが話題の「セラミド」と呼ばれる細胞間脂質の主成分です。

強い紫外線にさらされた後に一番にやってほしいこと。それこそが、しっかり保湿することです。これが何を差しおいても大切です。更に、日焼けをした直後だけでなくて、保湿は毎日の習慣として実行した方がいいでしょう。

皮膚のタンパク質の70%がコラーゲンで作られていて、細胞と細胞の間にできた隙間を埋めるような状態で繊維状もしくは膜状に存在しているのです。肌にハリを与え、シワのない美しい肌をしっかり維持する真皮部分を構成する最も重要な成分です。

流行のプラセンタは基礎化粧品や健康食品に有用な成分として使われているのはとてもよく知られていて、新しい細胞を作って、新陳代謝の活性化を行う薬理作用により、美容や健康に対し絶大な効能をもたらします。

顔を洗った後は時間がたつごとに化粧水の保湿成分の吸収率は少なくなっていきます。また洗顔料で洗顔した後がもっとも肌が乾燥するので、できるだけ早くしっかり保湿してくれる化粧水を塗らないと乾燥状態になってしまいます。

肌に本来備わっている防護機能で水分の蒸散を防ごうと肌は頑張るのですが、その有益な作用は加齢に影響されダウンいくので、スキンケアを利用した保湿により不足分を追加することがとても重要です。

老化に伴う肌のヒアルロン酸の低減は、肌のつややかさを大きく悪化させるばかりでなく、肌のハリも奪って気になる乾燥肌やシミ、しわが作られる最大の要因 になってしまうのです。