読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌にうってつけの日

30代美容マニアが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

気が向いたのですべすべ素肌を作るケアの要点を書いてみる。

20歳過ぎてからの肌トラブルの要因のほとんどが体内のコラーゲン不足によるものと考えられます。皮膚コラーゲン量は加齢とともに低下し、40歳代を過ぎると20代の頃と比べて約50%くらいしかコラーゲンを作れないようになってしまいます。

黒ずみなどが目立つ毛穴のケアの仕方を尋ねたところ、「毛穴を引き締める効果を持つ専用の化粧水でケアを工夫している」など、化粧水メインで対応している女の人は皆の約2.5割ほどにとどめられました。

今日に至るまでの研究によると、プラセンタの多様な有効成分の中には単純な栄養素である栄養成分のみではなくて、細胞分裂のスピードを正常にコントロールすることのできる成分がもとから入っていることが知られています。

プラセンタとは英語で言うところの胎盤を意味しています。化粧品や美容サプリメントで最近頻繁にプラセンタを贅沢に含有など目にしたりしますが、これについては胎盤という臓器そのもののことを示すのではないので心配無用です。

「美容液」と一言でいいますが、いろんなものがありまして、単純に一言で説明してしまうのは少々難しいのですが、「化粧水と比べて多めに美容にいい成分がブレンドされている」という意味合い にかなり近いかもしれません。

美容成分であるヒアルロン酸は人体の細胞と細胞の間のあらゆるところに広範囲に存在し、健康でつややかな美肌のため、優れた保水力の維持やまるで吸収剤のような働きで、一個一個の細胞を守っています。

巷では「化粧水は少しずつ使うものではない」「十分潤いを与えるほどにたっぷりと使用したいもの」と言われているようですね。その通り明らかに化粧水の使用量は控え目よりたっぷり目の方が満足のいく効果が得られます。

美肌作りに欠かせない美容液は基礎化粧品のひとつであり、洗顔料で顔の汚れを落とした後に、化粧水で失われた水分を吸収させた後の肌に使用するのが通常の使い方でしょう。乳液状の製品形態となっているものやジェルタイプになっているものなど色々なタイプがあるのです。

保水力を持つヒアルロン酸が皮膚の真皮内で十分な水分を保持してくれるため、周りの世界が種々の変化や緊張感で極度の乾燥状態になったとしても、肌は直接ダメージを受けずにツルツルを維持したままの綺麗な状態でいることができるのです。

肌の老化対策として何はともあれ保湿や潤い感を回復させるということが最も重要なのです。お肌に充分な水分を蓄えることによって、肌を保護するバリア機能がきちんと働いてくれるのです。